ワーママの企業転職&フリーランス

開業届を出してきましたー女性の起業&フリーランスの届け出ー

投稿日:2018年10月1日 更新日:

 

昨日付けで正式に退職しました。

 

今日(10/1)は月始めでキリが良い&年度の後半の開始の日ということで、税務署に開業届けを出しに行ってきました~。

 

今日の記事はフリーランスとしての開業届の出し方と失敗談についてです。

フリーランスママの開業届について

どこに提出?

管轄の税務署に提出します。私の場合は足を運びましたが、郵送でもokです。

 

管轄の税務署はこちらから調べられます。 https://www.nta.go.jp/about/organization/access/map.htm 

 

何を提出するの?

一人で仕事をする&青色申告をしたい場合に必要な書類はこちらです。

提出書類2点

  • 「個人事業の開業・廃業等申出書(いわゆる開業届)」
  • 「所得税の青色申告承認申請書」

恐らく一番ベーシックな書類2点です。青色申告じゃなくて白色申告でいいや、という人は開業届のみで良いはず。

 

給与の支払いが発生する人は他にも提出書類が必要です!

 

私は税務署でもらいましたが、国税庁のHPからもダウンロード可能です。

 

開業届を出してみた

私は家にプリンターがない&税務署に行ってみたい、ということで税務署に行きました。

 

が、結論から言うとfreeeという会計ソフトを使用&郵送で提出すればよかったです ><

 

「会社勤めを辞める以上、お世話になることも増えるのかな?」とか「分からないところがあったらその場で教えてもらえて早いんじゃないか」ということで足を運んでみました。まあ社会科見学ですね。

 

移動に往復1.5時間くらいかけて、な~~~~んにもない駅の税務署へ。いきなりこんな壁がお迎え。小学生の部・・・w

 

失敗1

眠らぬ母さん
印鑑忘れた!!!!

「開業届 必要書類」と調べてマイナンバーなど色々持って行ったのですが「印鑑必要」って書いてなかったよね!?

 

せっかく行ったのに、お恥ずかしながら提出出来ませんでした・・・涙

 

さすが、取り扱っている書類の種類がすごい!これ、ほんの一部↓

 

失敗2

眠らぬ母さん
何も質問できなかった。

 

女性係員にワーワーと文句を言ってるおじさんがいました。こういうおっさん、いるよなあ。

 

この人の要件が済まないと対応出来ないようで、解決まで20分~30分くらいかかるでしょう、とのこと。なので、後日電話で聞くことになりました。

 

クレーマーのおじさんってほんと害悪・・・文句言ったって税法は変わらないっちゅーの。

 

因みに受付の方いわく、「ちょっと分からない点があっても提出して下さい」とのこと。「よっぽど確認したい点があればこちらから電話します」とおっしゃっていました。

 

発見

  • 開業届は上書きが出来る

なので、例えば屋号が決まっていなくても、確定申告の際に屋号を書けば”上書き”されるそうな・・・。

 

名前+事務所とか、「日本」とかつけると権威・信頼感が増して聞こえるそうですが、屋号を付けない人も多いとか。

 

眠らぬ母さん
私も屋号無しでいくことにしました。

 

  • 事業内容が当初提出した開業届の内容と異なってもOK

「税金納めてればいいってことですかね~」と言ったら笑ってました。複数の仕事をやることになりそうなので、全て書かないといけないのかな~と謎だったので確認して良かったです。

 

まとめ

そういうわけでノコノコと家に帰ってきましたが手書きの申告書はカッコ悪いし、会計freeeは無料お試し期間があるということでfreeeで開業届を作ってみましたが超絶簡単でした。

 

※名前&メアドの無料登録のみで開業届を作れます。

 

眠らぬ母さん
なんだ、ムダに税務署に足を運んで手書きにしないで、最初からfreeeで作る→郵送にすれば良かった・・・

 

 

-ワーママの企業転職&フリーランス
-, , ,

Copyright© 眠らぬ母さん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.